title_service

IPO-株式公開支援

監査役の監査実務に対するアドバイス

監査役・監査役会の監査ポイントや方法論についてアドバイスを行います。

IPOのためには、「内部統制」「内部監査」「監査役監査」という3つの制度でガバナンスの維持やリスク管理されていることが必要です。上場会社では実際に運用されている内部統制や内部監査ですが、これからIPOを目指すベンチャーの場合には、その内容・必要性等の理解がないケースがほとんどです。実務はCFOを中心とした経営管理門メンバーが対応していくことになると思いますが、AZX総合会計事務所では、実務メンバーと一緒になって整備のお手伝いをいたします。また、監査役の実務についても必要なアドバイスを行うことが可能です。

AZXの監査役の監査実務に対するアドバイス

会社法上は監査役・監査役会の設置は必ずしも求められておらず、定款で定めることによって、その設置を選択できることとされています。しかしながら、IPOを前提とする場合には、コーポレート・ガバナンスの観点から会社法における公開会社・大会社と同等の体制が求められ、IPO前には監査役・監査役会の設置が必要となります。AZXでは、急成長中のベンチャーに対して、監査役・監査役会の監査ポイントや方法論についてアドバイスを行います。

関連サービス