IPO-株式公開支援

上場申請書類作成支援業務

上場の申請にあたって必要となる、書類作成を支援します。

上場の申請にあたって証券取引所に対して多くの書類を提出する必要がありますが、その中には分量が相当に多いため、事前に計画的に作成しておく必要がある書類があります。AZXでは、下記の上場申請書類の作成支援に対応しています。

上場のための有価証券報告書(Ⅰの部)

いわゆるⅠの部は、「企業情報」「提出会社の保証会社等の情報」「特別情報」「株式公開情報」の4つの部から構成されており、全ての上場申請会社が作成しなければなりません。
その内容は上場承認後に提出する有価証券届出書・目論見書と重なる箇所も多く、上場申請書類の中で最も重要な書類の一つになります。
会社によってボリュームが異なりますが、イメージとして80~200ページ程度になる書類です。

上場のための有価証券報告書(Ⅱの部)

記載内容は、「上場申請理由」「企業グループの概況」「事業の概況」「経営管理体制」「株式等の状況」「経理の状況」「予算統制」「過年度の業績」「今後の見通し」と多岐多様に渡り、かつ詳細な記載が求められます。
会社によってボリュームが異なりますが、イメージとして150~200ページ程度になる書類です。
申請する市場(例えば東証マザーズ等)によってはⅡの部の作成は求められないケースもありますが、審査においてはⅡの部と同様の項目についての資料(上場申請者に係る各種説明書類等)が求められることになりますので、準備としてはⅡの部の形式に沿った対応が効率的になります。

IPO申請に係る提出書類一覧

上場申請時には多くの書類提出が求められます。この提出書類は各市場により異なりますが、サイトでも案内がされています。参考までに東京証券取引所(市場第1部・第2部、マザーズ、JASDAQ等)の情報はこちらになります。

提出書類フォーマット

関連サービス