IPO-株式公開支援

内部監査制度の整備支援業務・アウトソーシング

内部監査実施へのアドバイスや、アウトソースをお引き受けします。

IPOのためには、「内部統制」「内部監査」「監査役監査」という3つの制度でガバナンスの維持やリスク管理されていることが必要です。上場会社では実際に運用されている内部統制や内部監査ですが、これからIPOを目指すベンチャーの場合には、その内容・必要性等の理解がないケースがほとんどです。実務はCFOを中心とした経営管理門メンバーが対応していくことになると思いますが、AZX総合会計事務所では、実務メンバーと一緒になって整備のお手伝いをいたします。また、監査役の実務についても必要なアドバイスを行うことが可能です。

AZXの内部監査制度の整備支援業務・アウトソーシング

内部監査部門の設置は法的には直接要求されていませんが、会社法での内部統制システム構築・運用のためにモニタリング機能は必要不可欠であり、一般的に内部監査がその機能を担うことになります。また、金融商品取引法においては、内部統制が有効に機能しているかどうかの評価プロセスについて、業務に組み込まれて行われる日常的モニタリングと業務から独立して行われる独立的評価がありますが、内部監査はこの独立的評価を担う部門として必要とされるため、内部監査部門の活動状況はIPOの審査上も重要な論点となります。

AZXでは、内部監査実施について必要な項目(組織・規定・計画等)についてアドバイスを行います。また、必要な場合には内部監査のアウトソースのお引き受けも可能です。(一定の条件のもとに上場審査において内部監査のアウトソースは容認されています。)

関連サービス