IPO-株式公開支援

内部統制構築・運用支援業務

経験豊富な公認会計士を中心にチームを編成し、内部統制構築・運用を支援します。

IPOのためには、「内部統制」「内部監査」「監査役監査」という3つの制度でガバナンスの維持やリスク管理されていることが必要です。上場会社では実際に運用されている内部統制や内部監査ですが、これからIPOを目指すベンチャーの場合には、その内容・必要性等の理解がないケースがほとんどです。実務はCFOを中心とした経営管理門メンバーが対応していくことになると思いますが、AZX総合会計事務所では、実務メンバーと一緒になって整備のお手伝いをいたします。また、監査役の実務についても必要なアドバイスを行うことが可能です。

AZXの内部統制構築・運用支援業務

上場会社においては当然に法令遵守が求められていますが、内部統制に関しては「会社法」と「金融商品取引法」において規定されており、IPOを目指す会社にとっては2つの法律に沿った内部統制の整備が必要になります。内部統制とは、単に管理を厳格化するということではなく、業務を効率よく正確に遂行するための仕組みであり、次の4つを目的として、その実現に必要な基本的要素によって構成されています。内部統制構築・運用は上場審査項目と共通しているケースも多く、内部統制の早期整備が審査ポイントをクリアすることにもつながります。

内部統制の4つの目的

(1)「業務の有効性及び効率性」の強化
(2)「財務報告の信頼性」の確保
(3)「事業活動に関わる法令等」の遵守
(4)「資産」の保全

内部統制実現に必要な6つの基本的要素

(1)「統制環境」の構築
(2)企業の目標達成を阻害する「リスクの評価と対応」
(3)企業活動に内在するリスクを低減するための「統制活動」
(4)企業活動を円滑にするための正確な「情報と伝達」
(5)内部統制が正しく機能しているかを確認する「モニタリング」
(6)業務の効率化などを目的としたITの利用状況や管理状況を評価する「IT対応」

AZXでは、経験豊富な公認会計士を中心にチームを編成して、単にひな形等を提供することに終わらず、会社の皆様と一緒になった内部統制の構築を運用支援も含めて行います。

関連サービス