ごーいんぐ・ぷらいべーと

上場会社が上場を廃止して非上場会社となること。上場維持費用や開示義務の負担を避けて事業に専念するなどの目的で実施され、スクーズアウトをして経営者等による完全な支配権の確保を目指すケースが多い。