ろっくあっぷじょうこう

株主の株式売却を一定期間制限する条項。IPOの際に大量売却による株価下落を防止するためVC等とロックアップの合意をするのが典型例。