さんかくがっぺい

消滅会社の株主に対して存続会社の親会社の株式を合併対価として交付する合併。典型的には外国企業が日本企業を100%買収したい場合(株式交換制度を利用できない)に、まず日本に子会社を設立した上で、当該子会社を存続会社として対象会社を吸収合併させ、合併対価として対象会社の株主に外国企業の株式を交付するという方法が可能となる。