きぎょうそしきさいへんぜいせい

合併、会社分割等の組織再編時において、一定の適格要件を満たす場合には、時価譲渡による譲渡損益の認識や株式等発行におけるみなし配当課税を行わず、将来の株式等売却時まで課税を繰り延べる制度のこと。