とくめいくみあい

当事者の一方(匿名組合員)が他方(営業者)の営業のために出資し、営業者が匿名組合員に対して当該営業から生じる収益を分配することを約する契約。商法第535条を根拠とするもので、出資財産は営業者に帰属し、対外的には営業者が単独の権利義務主体となる点が特徴である。