たんげんかぶしき

定款で一定の単元株式数(ex.100株)を設定することで、単元株数未満の株主の議決権を行使できなくすることができる制度。