しゅとくせいきゅうけん

株主の請求によって、発行会社に株式を取得させ、その対価として別種の財産(ex.他の種類の株式、金銭)の交付を受けることができる権利。株式の内容として規定される事項の一種。