きげんのりえきのそうしつ

一定の事由が生じた場合に債務者に与えられている支払期限の猶予が失われることを指す。契約上、手形不渡、差押等の事由が生じた場合には期限の利益を喪失する旨が規定されるケースが多く、所定の事由が生じた場合には約定の支払時期が1ヶ月後であっても直ちに支払わなければならないという効果が生じる。