かぶしきへいごう

一定比率(ex.10:1の割合)で全ての株式を併合し、株式数を減少させる手続。種類株式発行会社では一定の種類株式についてのみ行うことも可能。