かぶしきぶんかつ

一定比率(ex.1:10の割合)で全ての株式を分割し、一定の基準日時点の株主に分割による増加株式数を交付する手続。種類株式発行会社では一定の種類株式についてのみ行うことも可能。