けいえいはんだんのげんそく

取締役の経営判断の結果会社に損害が生じた場合でも、判断の前提たる事実認識を不注意で誤ったか、事実に基づく判断が著しく不合理であった場合でなければ、取締役の善管注意義務違反を問わないという考え方。代表訴訟リスク等による取締役の経営判断に対する過剰な萎縮効果を避けるために判例上認められている考え方である。