いくじたんじかんきんむ

3歳に満たない子を養育する従業員に認められる、勤務時間を短縮する措置。具体的な勤務時間として、会社は1日6時間という選択肢を与える必要がある。

専門家によるアドバイス

業務の性質上時短が困難な場合など、労使協定で適用を除外できる場合もあります。