かいやくてつけ

買主は契約時に支払った手付金の放棄によって、売主は手付金の倍返しによって、契約を無責で解約できるというルール(民法557条参照)。