税務・会計サポート

税務・会計サポート

会計の最終目的は利害関係者へ財務状況を報告することにあり、この報告書が一般に決算書と呼ばれます。決算書は株主総会提出用に限らず、例えば会社内部の業績管理、税務申告、投資家向け開示資料など実務上様々な使途があります。このため、決算書は会社法や会計基準に準拠した上で適正に作成されることが重要になります。また、年に一度だけ決算書を作成するのでは、使途の目的に適わず有用な情報を提供できない場合が多いことから、上場企業はもちろんのこと未上場の企業においても、月次単位で決算を締めていく所謂月次決算が求められるのが一般的です。
加えて、特にベンチャー企業の場合には、課税上弊害があると思われる申告・納税がありますと、将来のIPO審査の際に問題として指摘される可能性もありますので、会計処理だけでなく適正な納税・申告を実現することが重要になります。
AZXでは事業の内容を理解した上で、会社の段階に応じた的確かつタイムリーな月次決算制度を整え、年次決算につなげていくことをサポートいたします。その過程において税務上の検討事項がある場合には、都度ご相談に応じながら対応していきます。

関連Q&A