企業価値評価

企業が事業を拡大する局面においては、自ら資金調達を行って社内リソースに対する投資を行う選択肢と、M&A等による企業再編を行って外部リソースを活用する方法による投資を行う選択肢があります。後者についての具体例としては、第三者割当増資、合併、会社分割、事業譲受、株式交換、株式移転、事業譲渡などがあります。いずれの場合も、既存株主や企業自身の利益を損なわないために、自社及び相手方企業の適正な企業価値を知るということが経営判断上とても重要になってきます。
AZXではクライアントの皆様のご要望に応じて、企業全体の価値評価である株価算定や一定の事業に対する事業価値評価などのサービスを提供しています。

関連Q&A