人事労務相談

事業活動を進め従業員が増加していく中では、労務管理が追いつかずに様々な問題が生じるケースがあります。特にベンチャー企業では従業員が一丸となって業務に取り組むあまり、意識しないうちに過重労働が続きうつ病が発症したり、労働時間管理が疎かになり未払賃金の債務が発生することがあります。そもそも裁量労働制や年俸制を誤った解釈で適用しており、未払賃金請求といった問題に発展することも少なくありません。また、従業員が退職の際に直接労働基準監督署に相談するケースも見受けられ、その場合、突如として様々な労務面の不備を指摘され、是正勧告を受ける可能性も考えられます。これら労務面の問題については慎重かつ迅速に対応する必要があり、初動の対応を誤ると大きなトラブルに発展する可能性があります。
AZXでは、人事・労務関係に関するアドバイスについて多くの実績があります。労働法令や実務面の観点から社労士がアドバイスを行い、必要に応じて労働行政におけるあっせん手続にて解決を図ることはもちろん、仮にあっせん手続で和解に至らず労働審判や訴訟に進んだ場合でもグループ内の弁護士等により一貫したサポートを受けることが可能です。

関連Q&A