給与計算

給与計算は会社が給与体系や計算ルールなど一定の事項を就業規則で自由に決めることができる一方、労働時間の端数処理や時間外手当の基礎となる単価の算出方法等、労働基準法上守らなければならない細かなルールがあります。労働基準法上のルールに沿った計算方法を行わないと意図せず未払いの賃金が発生してしまう可能性があります。未払い残業代に関するトラブルは増加しており、その結果、過去分を含めた未払残業代の支払いを求められ、長期に遡って個々の給与計算をやり直すことが必要となるケースもあるため、注意が必要です。
AZXでは単なる計算に留まらず、労働基準法や健康保険法等各種保険法の知識に基づき正しい計算処理方法を検討し、クライアントの皆様にアドバイスを行いながら実際の計算を行っています。また、給与計算は税務上の問題とも関係することが多いため、グループ内の税理士のサポートを受けることも可能です。

関連Q&A