資金調達サポート 

未上場企業が事業を発展させるには、その発展の過程で、何らかの形で資金調達を行うのが通常です。資金調達については、大きく分けて、借入(ローン)や社債を中心としたデッド・ファイナンスと、新株発行に基づく増資など資本を増強するエクイティ・ファイナンスがあります。また、中間的なものとして、社債を株式に転換できる新株予約権付社債などがあります。特に、ベンチャー企業の場合には、借入金の返済負担が成長の妨げになるケースもあることから、株式等で資本を増強するケースが一般的には多いです。企業側としては、将来の発展を見据えた資本政策を立てるとともに、その資本政策に沿って具体的なファイナンスを実行していく必要があります。
ベンチャーキャピタルからの投資を受ける際には、普通株式だけではなく、種類株式や新株予約権付社債を要求される場合もあり、その際には各種条件の設計を慎重に行う必要があります。特に、新株予約権付社債は、会社法について社債管理者の要否や現物出資規制の問題があり、また金融商品取引法に対応した設計にする必要があるので注意が必要です。また、投資家から投資契約や株主間契約の締結を求められるのが通常であり、その契約条件については、きちんとその意味を理解して、後に想定外のことが起こらないように対応する必要があります。
AZXでは、長年にわたりベンチャー・ファイナンスのサポートをしており、過去にいろいろな種類のスキームに関与しております。具体的には、資本政策についてのアドバイスを行うとともに、種類株式や新株予約権付社債の設計及びその発行手続をサポートし、投資家との間の投資契約や株主間契約について作成、レビュー及び交渉等をサポートしております。

関連Q&A