不祥事等発生時の対応サポート

企業において、不祥事が発生した場合には、被害の拡大を防止し、企業の法的責任の拡大及び社会的信用の失墜を防止する観点から、迅速に的確な対応をすることが要請されます。典型的な不祥事としては、個人情報等の漏洩、食中毒その他の事故の発生、免許停止等の行政処分、違法行為の疑いに基づく強制捜査、役員についての不祥事の発生等があります。不祥事が発生した場合、その不祥事に関する情報収集に努め、事件の収拾に向けて最善の努力をすることとなりますが、それと並行して、その不祥事をどのタイミングでいかなる内容で開示するかという点が大きな問題となります。開示に関しては、まずは法的な開示義務があるかどうかを確認する必要があります。次に、仮に法的な開示義務を定めた法令が存在しないとしても、①被害の拡大防止、②投資家への迅速な情報開示に基づく投資家保護の観点、③隠ぺいによる企業の社会的信用の失墜の防止等の観点から、開示をするべきか否かを迅速に判断する必要があります。その際には、関連する官公庁にできるだけ早く的確に事件の発生を伝え、相談することも重要です。また、極めて重大な事案の場合には記者会見を行う場合もあります。開示するべきであるとしても、誤った情報に基づいて虚偽の開示をすることは避けなければならないため、確実に公表できるのがどの範囲であるかについて慎重に検討することが必要です。また、一度開示を行った後、その後の情報収集や事態の進行に合わせて、更なる開示を行う必要がないかについても継続的に検討していく必要があります。また、関連する官公庁に対しては事態収拾まで継続的に状況の報告及び対応の相談を行っていく必要があります。
AZXでは、企業での不祥事対応をサポートした多くの経験に基づき、企業において不祥事が発生した場合の開示の要否や内容についてのアドバイス、官公庁への説明資料の作成のサポート、説明への同席等のサポートを行っております。

関連Q&A