プライバシーポリシー

スマホアプリ用プライバシーポリシー

アプリケーション・プライバシーポリシー(簡易版/試案)


※このアプリケーション・プライバシーポリシーは、「スマートフォンプライバシーイニシアティブ」
(URL:http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban08_02000087.html 以下「SPI」)
による「スマートフォン利用者情報取扱指針」(以下「スマートフォン指針」)に対応したスマートフォンアプリ用プライバシーポリシーの雛形試案です。

※個別のアプリについて作成すべきとされているため(SPI59頁、パブコメ16、17頁参照)、個人情報保護法に基づく通常のプライバシーポリシーとは別に個別のアプリごとに作成することを想定しています。よってタイトルも適宜区別のためにアレンジを検討する必要があります。

※SPIは、関係事業者等や業界団体のイニシアティブによる自主的な取組みを推進する「素材」として公表されたものであり、プライバシーポリシーの具体的な内容は今後の実務に委ねられています。この雛型はスマホ指針に基づく簡易な内容を、あくまで「試案」として示すものであり、ご利用にあたっては各業種の実務や今後の動向を踏まえて、適宜追加、修正等のご対応をお願いいたします。[1]
※ターゲティング広告以外の第三者提供がない前提の内容としています。

株式会社●(以下「当社」といいます。)は、当社の提供する●[アプリ等の名称](以下「本アプリ」といいます。)における利用者情報の取扱いについて、以下のとおりアプリケーション・プライバシーポリシー(以下「本ポリシー」といいます。)を定め、公表しております。本アプリをインストールする前に本ポリシーをご確認いただき、内容をご理解の上で本アプリをご利用下さい。[2]
なお、本ポリシーにおいて、「利用者情報」とは、お客様の識別に係る情報、通信サービス上の行動履歴、その他お客様のスマートフォンにおいてお客様と結びついた形で生成、利用又は蓄積されている情報であって、本ポリシーに基づき当社が取得するものを意味するものとします。[3]
また、利用者情報のうち、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます。)第2条第1項に定義される個人情報に該当するもの(以下「個人情報」といいます。)については、本ポリシーに定めるほか、当社が別途定める個人情報に関する下記のプライバシーポリシーが適用されますので、あわせてご参照下さい。

□プライバシーポリシー(URLリンク)


1. 当社の名称等[4]


名称:
住所:
なお連絡先につきましては、下記の問い合わせ窓口の記載をご参照下さい。


2. 取得する利用者情報[5]


本アプリにおいて取得される利用者情報は、以下のとおりとします。

(1)
(2)


3. 取得方法[6]


本アプリにおける利用者情報の取得方法は、以下のとおりとします。[7]

(1)
(2)


4. 利用目的


4-1 利用者情報は、4-2に定めるとおり本アプリのサービスのご提供のために利用されるほか、4-3に定めるとおり、その他の目的にも利用される場合があります。[8]

4-2 本アプリのサービス提供にかかわる利用者情報の具体的な利用目的は以下のとおりです。

(1) 本アプリによる●のサービスをご提供するため[9]
(2) 本アプリに関するご案内、お問い合せ等への対応のため
(3) 本アプリに関する当社の規約、ポリシー等(以下「規約等」といいます。)に違反する行為に対する対応のため
(4) 本アプリに関する規約等の変更などを通知するため
(5) 上記の利用目的に付随する利用目的のため


4-3 上記4-2以外の利用目的は以下のとおりです。[10]

 利用目的

対応する利用者情報の項目
当社のサービス改善、新サービスの開発等に役立てるため
当社のサービスに関連して、個人を識別できない形式に加工した統計データを作成するため
当社又は第三者の広告の配信又は表示のため
その他マーケティングに利用するため[11]

4-4 利用者情報を利用した広告の配信又は表示については、ターゲティング広告を利用いたします。またかかる広告の実施のため、下記の情報収集モジュール提供者への利用者情報の提供を行います。[12]


5. 通知・公表又は同意取得の方法、利用者関与の方法


5-1 以下の利用者情報については、その取得の処理が行われる前にお客様の同意を得るものとします。[13]

(1)
(2)


5-2 お客様は、本アプリの所定の設定を行うことにより、利用者情報の全部又は一部について、その取得又は利用を中止させることができます。なお利用者情報の項目によっては、その取得又は利用が本アプリの動作の前提となるため、本アプリのアンインストールを行うことによってのみこれを中止できます。これらの詳細については、下記をご参照下さい。[14]

   □利用者情報の取得・利用の中止について(URLリンク)[15]

上記のほか、利用者情報が本ポリシーに反して取得又は取り扱われていることが判明した場合、下記お問い合わせ窓口へのお客様のお申出に基づき、利用者情報の利用の停止又は消去を行います。[16]

5-3 5-1のご同意を頂けないこと、又は5-2の規定に基づく利用の中止等がなされたことにより、当社が利用者情報を取得又は利用できない場合には、当該利用者情報の利用が前提となる以下の機能はご利用頂けなくなります。

 利用者情報
 利用できなくなる機能






6. 外部送信[17]、第三者提供、情報収集モジュール[18]の有無


利用者情報を利用したターゲティング広告の配信のため、本アプリには以下の情報収集モジュールが組み込まれています。これに伴い、以下のとおり情報収集モジュール提供者への利用者情報の提供を行います。[19][20][21]

 情報収集モジュールの名称 
             
              
 情報収集モジュールの提供者


 提供される情報の項目


 提供の手段・方法


 上記提供者における利用目的


 上記提供者における第三者提供の有無


 上記提供者のアプリケーション・プライバシーポリシーのURL




7. 取得された情報の公開、共有[22]


お客様が本アプリを通じて友人、知人等と通信による連絡及び情報を共有する機能を利用した場合には、本アプリにて取得したお客様の位置情報(位置情報の機能有効にしている場合)、メッセージに含まれるテキスト、写真、動画、音声、URL のリンク等が連絡や情報の共有をしている友人、知人等に通知または共有される場合があります。また、これらの機能を全て公開する設定としていると、本アプリを利用している全ての利用者が閲覧することができます。公開範囲は、本アプリの設定機能から変更することができます。

8. お問い合わせ窓口


ご意見、ご質問、苦情のお申出その他利用者情報の取扱いに関するお問い合わせは、下記の窓口までお願い致します。

住所:〒●

株式会社●  担当部署:●      電話番号:●

E-mail:●

(なお、受付時間は、平日●時から●時までとさせていただきます。)

9. プライバシーポリシーの変更手続


当社は、利用者情報の取扱いに関する運用状況を適宜見直し、継続的な改善に努めるものとし、必要に応じて、本ポリシーを変更することがあります。変更した場合には、●の方法でお客様に通知いたします。また、第6項に定める第三者提供の提供先に変更が生じる場合には、お客様の同意を得るものとします。

【●年●月●日制定】



[1]モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)のガイドライン(2012年10月3日現在パブコメ版)のモデル案も参考にしている。

[2]ユーザーによるポリシーの確認タイミングについては、実際のタイミングにあわせて記載する(インストール前でなく最初のアプリ利用の前の場合等)。

[3]SPI資料58頁参照

[4]スマートフォン指針①

[5]スマートフォン指針②。取得される利用者情報の項目・内容を列挙することになる。MCF案では、利用者にとって重要と考えられるものから順に記載することが推奨されている。

[6]スマートフォン指針③。利用者の入力によるか、自動取得か等を示すものとされる。複数項目ある場合は適宜表形式にすることも考えられる。

[7]利用者の入力によるものか、アプリが自動取得するものなのか等を示すべきものとされる(スマートフォン指針③)。表形式等で情報項目ごとに記載することも考えられる。

[8]アプリ目的orその他用途の有無をまず明確にすることが要請されている(SPI資料60頁)。

[9]提供するサービス概要を簡単に記載すべきとされている(SPI資料60頁)。

[10]アプリ目的以外に利用する場合には、利用目的と情報の項目の関係について丁寧な説明を行うものとされる(SPI資料60頁)。

[11]広告やマーケティング目的に利用する場合にはその明示をするものとされる(SPI資料60頁)。

[12]ターゲティング広告利用の場合はその旨、他の情報収集者等への提供がある場合はその旨を明示するものとされる(SPI資料60頁)。

[13]同意を要するものの例として挙げられているのは、個人情報を含む電話帳、GPS位置情報(アプリのサービスの利用目的の場合を除く)、通信履歴、アプリ利用履歴・写真・動画(アプリのサービスの利用目的の場合を除く)などである(SPI資料61頁)。契約者・端末固有IDなど、契約や端末に対して一義的に指定・作成され、利用者側で変更が困難であるが、幅広い主体により利用される可能性があるものが取得者において個人識別性を有する情報と結びつきうる形で利用される場合、同一IDの上に様々な情報が時系列的に蓄積し得ること、取得者又は第三者において個人識別性を有する可能性があることから、個人情報保護法への抵触やプライバシー侵害の可能性を考慮し、個人情報に準じた形で取り扱うことが適切と考えられている(SPI資料62頁)。

[14]アプリ自体のアンインストールが必要な場合はその旨明示すること、取得・利用の一方が中止される方法がある場合はいずれか明示することが要請されている(SPI資料62頁)。利用者が一度同意を行った後の撤回もできるだけ提供するよう努めるものとされているが(SPI資料62頁)、この雛型では規定していない。

[15]MCF案第5条では、本ポリシー本文に具体的な利用停止等の方法を記載する場合の例が記載されている。

[16]SPI資料63頁。

[17]MCF案第4-1条では、外部送信があるケースについて「●の設置するサーバーに転送され、目的の範囲で使用されます」との記載例がある。また、外部送信がない場合について、端末内部での使用となる旨の明記を推奨している。

[18]スマートフォンに蓄積された情報を収集する機能を持つ一種のプログラム。広告配信事業者等が提供し、アプリ作成者がアプリに組み込む。

[19]第三者提供がある場合、①それを利用目的とすること、②情報の項目、③提供の手段又は方法を明示するものとされる。本雛形はターゲティング広告以外の第三者提供がない前提の内容。

[20]SPI資料63~64頁の記載事項を参照。

[21]なお、個人を識別できない匿名化された情報を統計処理した結果などを第三者に提供する場合は第三者提供にあたらないとの説明がある(SPI資料63頁脚注13)。

[22]容はアプリに応じて適宜修正する。