特許・商標の侵害調査 

事業において特許や商標等の知的財産権は極めて重要です。ITやバイオなどのハイテク業界において特許が重要なことはいうまでもありませんが、飲食業その他のサービス業でも商標が重要な役割を果たすことがあります。第三者の特許や商標を調査せずにビジネスを展開し、ビジネスが大きくなった段階で自らが第三者の特許や商標を侵害している事実が判明した場合、差止請求等でビジネスを停止させられてしまうリスクがあり、また、損害賠償請求を受ける可能性もあります。ビジネスが大きくなってからの方が、差止めのダメージは大きく、また損害賠償責任も多大なものとなるリスクがあります。実際に、事業が軌道に乗りかけた段階において、突然、特許や商標を侵害している旨の警告書を受け取り、対応に奔走するケースも多くあります。また、警告書は受け取っていないものの、IPOやM&Aにおける審査・調査の過程で、自らの事業が第三者の知的財産権を侵害している可能性が判明し、多額のコストをかけて対応を行わなければならないケースもあります。従って、ビジネスの初期の段階で、特許や商標についての侵害調査を行っておくことは極めて重要です。
AZXでは、弁理士において、クライアントの皆様の事業内容をヒアリングして、特許侵害についての調査や、商品やサービスに付する商標の検討のために、第三者の商標権を侵害していないかの調査を行うことが可能です。

関連Q&A