社会保険

  • Q&Aの内容は、作成日時点の情報に基づき正確を期するようにしておりますが、最新の法令、判例等との一致を保証するものではございません。また、具体的な案件を想定して作成しておりませんので、個別の案件につきましては専門家にご相談下さい。

質問をクリックすると回答が開きます。 もう一度クリックすると回答が閉じます。

Q00087 妻が退職して専業主婦になりました。社会保険上の被扶養者になったら税法上の扶養にも入れるのでしょうか。

社会保険の被扶養者の収入要件(60歳未満で年収130万円未満)は将来に向かっての収入で判断します。一方、税法上の扶養は1月から12月までの合計収入(給与収入のみの場合年収103万以下)で判断します。よって1月以降退職までの収入が103万円を超えていると、社会保険上は被扶養者に該当しても税法上の控除対象配偶者には該当しない場合があります。
(作成日:2012年1月27日)

Q00088 7/15付退職と7/31付退職、社会保険料に違いは生じますか。

資格を喪失した月は保険料を支払う必要はありません。資格喪失日とは退職日の翌日を指します。よって、7/15付退職の場合、7/16が資格喪失日となるため7月保険料を支払う必要はありません。一方、7/31付退職の場合、8/1が資格喪失日となるため、その前月である7月分の保険料の支払が必要となります。社会保険料は会社と本人が折半するため、両者に影響があります。退職日を決定する際はご留意ください。
(作成日:2012年1月27日)

Q00089 試用期間中の社員は社会保険及び雇用保険に入れていません。問題ありますか。

試用期間中であっても、雇入れ時点の契約内容により各種保険の加入要件を満たしているのであれば、試用期間満了時点ではなく雇入れ時から各種保険に加入させる必要があります。
(作成日:2012年1月27日)

Q00090 アルバイトは社会保険に入れていません。本人もそれで構わないといっていますが問題ありますか。

社会保険については、アルバイトであっても原則として2ヶ月を超える契約で、1日又は1週間の所定労働時間及び1ヶ月の所定労働日数が当該事業所の正社員のおおむね3/4以上である場合は保険加入要件を満たします。よって、本人と会社の意思にかかわらず、契約内容により加入要件に該当する場合は、保険加入させる必要があります。
(作成日:2012年1月27日)