税務調査

企業が提出した税務申告書が適正かどうかを確認するために、国税局や税務署によって調査が行われます。税務調査には裁判所の令状にもとづいて行われる強制調査と企業の同意を得た上で質問検査権の範囲で行われる任意調査がありますが、一般的に税務調査とは後者の任意調査を指していますので、特別に身構えることなく調査の目的を理解した上で冷静かつ適切に対応することが重要です。ただし、任意調査といえども調査を受ける義務(受忍義務)があり、正当な理由なくして拒否した場合には罰則があります。実際の調査の場においては、税法の規定等に関する知識が不足していたりすることなどにより、企業だけでは調査官の指摘に対応が出来なかったり、主張したい内容を十分に伝えることが難しかったりする場合があります。
AZXではクライアントの皆様のご要望に応じて、税務調査の立会い、国税局や税務署の調査や処分に関して不服がある場合の申立て、主張・陳述の代理をいたします。

関連Q&A