雇用関連助成金

企業が事業活動を進めていく中では従業員の雇用調整や就業環境の整備等、雇用関連の対応を行う場面があり、このような場合に助成金を受給できるケースがあります。なお、一定の要件を満たした従業員を新たに雇い入れるとき、企業業績が悪化している状況で雇用を維持するとき、勤務している従業員の福利厚生や雇用管理の改善を行うとき等、厚生労働省管轄の雇用に関する助成金を受けられるケースは多岐に渡り、その支給要件も様々です。これらの助成金は社会経済情勢に応じて改定・新設・廃止されることが多いため、その都度最新の助成金内容・支給要件を把握し、活用することが重要となります。
AZXではクライアントの皆様のご要望に応じて、該当可能性のある助成金についてアドバイスを行い、実際の支給申請等の手続を行います。雇用に関する助成金は原則として支給申請期間を過ぎると受給できず、また支給基準等も頻繁に変更されることが多いため、社労士が最新の支給要件に対応したサポートを行います。現状どのような助成金があるかについて、ご参考までに厚生労働省ホームページの助成金サイト( http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin /)をご覧ください。

関連Q&A