インサイダー取引規制についてのアドバイス

上場会社の株式の取引は、金融商品取引法においてインサイダー取引規制の対象となります。これは、役員等の個人が上場会社の株式を売買するときのみならず、資本提携や企業買収においても問題となる事項であり、上場会社の株式の移動に際しては、常に検討するべき事項といえます。インサイダー取引規制に抵触すると、刑事事件となり、コンプライアンス上重大な問題ともなるため、慎重に対応する必要があります。インサイダー取引規制においても、いくつかの例外が定められておりますが、その例外事項への該当性の判断を誤ると重大な結果となる可能性があります。従って、インサイダー取引規制については弁護士等の専門家に確認した方が安全です。
AZXでは、金融商品取引法についての各種アドバイスを行っており、インサイダー取引規制についてもクライアントの皆様からのご依頼に基づきアドバイスを行っております。

関連Q&A