投資契約、株主間契約の作成

ベンチャーキャピタルがベンチャー企業に投資をする際には、投資契約を締結するのが一般的です。投資契約には、概要として、①投資の基本条件(株式の内容、株式数、株価)、②投資の前提条件(表明保証、払込の前提条件)、③会社のサポート/コントロール(役員派遣、事前同意権、情報請求権等)、④株式の移動のコントロール(優先買取権、共同売却権、強制売却権等)、⑤投資の撤退等(株式買取請求権等)が定められるのが一般的です。また、他のベンチャーキャピタルを含む株主との取り決めも必要な場合には、株主間契約を締結することもあります。投資先企業から情報の開示を受けて適切に状況を把握する、投資先企業が事業計画と異なる方向に進もうとしている場合にそれをストップする、社長が株式を売却することについて一定の制約を課す、表明保証に違反した事実があった場合や契約違反があった場合に株式を買い取ってもらうなどのためには、投資契約等は不可欠なものといえます。
AZXでは、創設当時から現在に至るまで多数のベンチャーキャピタル及びベンチャー企業に関して多くの投資契約等についてサポートしてきた経験を踏まえ、投資契約等の作成、レビュー及び交渉を行っております。

関連Q&A