投資先のサポート等に関するアドバイス

ベンチャーキャピタルは、いわゆる“ハンズオン”を標榜するか否かにかかわらず、投資実行後、投資先企業の情報を継続的に収集してファンドのGPとして必要な範囲で投資先のサポート等を行い、投資先で問題が生じた場合には、それをクリアーするにはどうするかという点について検討し、投資先が事業計画に沿って事業を発展させるように尽力しています。その過程で、法務、会計、特許その他の知的財産、労務の問題が生じる場合もあり、その解決には法務等の専門知識が必要となる場合もあります。ベンチャーキャピタリストは、法務等のスペシャリストではなく、それを自ら解決するべき責任まであるわけではありませんが、その問題が解決しないと投資先企業の事業の発展が難しくなり、ひいては自らが管理運営するファンドの収益低下につながるため、問題を発見した場合には、専門家に対する相談、専門家の紹介等を通じて問題解決に努めていくこととなります。
また、投資先がM&AやIPOを実行する場合に、ベンチャーキャピタルとしてどのような点を留意して行動すべきかという点については、当該事案のスキームや当該ベンチャーキャピタルの持株比率、投資契約等の内容に応じて慎重に検討する必要があります。これらの点については、法務や税務会計の面から採り得る現実的な選択肢、各選択肢のメリット・デメリットなどを分析する必要があります。
AZXでは、弁護士、公認会計士、税理士、弁理士、社会保険労務士によりワンストップで法務、会計、特許その他の知的財産、労務に関するアドバイスをすることが可能であり、ベンチャーキャピタルの皆様が投資先をサポート等する上で直面した課題について、これらの面からアドバイスを提供しております。

関連Q&A