株式買取請求についてのサポート

VCファンドにおいては、投資先企業の事業が計画通り進まず、ファンドの期間満了までにIPO又はM&A等のExitが見込めない場合には、その保有する株式を処分して換金しなければなりません。また、投資後に隠れた債務が発覚するなど表明保証違反が判明する場合や、投資先企業が投資契約等に違反をする場合もあります。これらの場合には、経営者に株式の買取りを請求するケースが多く、特に、投資契約違反等に関してはその契約に定める株式買取請求権を行使して強硬に株式の買取りを要請しなければならない場合もあります。
また、投資契約違反等はないものの、会社が合併等の企業再編を行う場合には、会社法上、それに反対する株主に株式買取請求権が発生する場合があり、当該再編行為後の投資先企業の事業の発展の見込みを検討の上、かかる会社法に基づく株式買取請求権を行使する場合もあります。この場合の買取価格については、まずは株主と会社で協議を行うこととなりますが、協議が調わない場合には、裁判所に価格決定の申し立てを行うこととなり、裁判所における商事非訟事件として対応する必要が生じます。
AZXにおいては、投資契約に基づく株式買取請求について、株式買取請求権が認められる可能性を検討の上、実際の買取請求の実行、相手方との交渉、株式買取請求権の行使に基づく買取代金請求のための訴訟及びその前提として仮差押手続などについて、サポートしております。また、合併等の企業再編に関して会社法上の株式買取請求権の行使についてのアドバイス、その後の価格決定の裁判手続などについてもサポートしております。

関連Q&A