ファンドの運営及び管理についてのサポート

ベンチャーキャピタルがファンドを運営するにあたっては、基本的にファンドの組合契約に基づいて運営を行っていくものの、ファンド組成当時に想定していなかった事情が生じて、組合契約の解釈が問題になったり、組合契約を修正する必要が生じたりする場合があります。例えば、ファンドとGPの取引は想定しなかったもののかかる取引の必要性が生じるケース、ファンドの投資対象領域を拡大する必要が生じるケース、次のファンドの組成について制限を設けていたが事情により早い時期に次のファンドの組成が必要となるケースなどがあります。また、複数ファンドを運営するなかで、ファンド間の利益相反について懸念事項が生じるケースや、ファンドとGP又はその関連会社の間の取引に関して、金融商品取引法上禁止されている損失補てんに該当しないか懸念されるケースなどもあります。このような場合には、関連法令に配慮しつつ、法的な解釈を検討し、場合によっては、組合契約の修正を行う必要が生じる場合もあります。
また、投資先企業に対する役員派遣に関して、リスクが発生する事態になったり、投資先企業とトラブルが生じたりする場合もあります。さらに、投資先企業の株主総会における特定の議案について、株主として、どのように対応するべきか判断しなければならず、また、投資契約におけるベンチャーキャピタルの各種権利の行使について、慎重に対応するべき場面もあります。ベンチャーキャピタルは、ファンドのGPとして善管注意義務を負っているため、善管注意義務に違反しないかという点に常に留意して行動する必要があります。
AZXでは、ファンドの運営及び管理について、多数のベンチャーキャピタルをサポートしてきた経験に基づき、各種アドバイスや必要な書面作成等の対応を行っております。また、AZXの会計チームにより、ファンドの税務会計処理をサポートすることも可能です。

関連Q&A