税務・会計サポート

  • Q&Aの内容は、作成日時点の情報に基づき正確を期するようにしておりますが、最新の法令、判例等との一致を保証するものではございません。また、具体的な案件を想定して作成しておりませんので、個別の案件につきましては専門家にご相談下さい。

Q00371 どのような場合に連結納税制度の適用を検討すべきでしょうか。

一般的に次のような場合には連結納税による節税メリットを享受できる場合が多いため、適用を検討すべきといえます。
・グループ内に黒字の会社と赤字の会社がある場合
・親会社が多額の繰越欠損金を有する場合
・グループ内に多額の含み損がある固定資産を保有する法人がある場合
・グループ内で赤字が見込まれる部門の分社化を検討している法人がある場合
・試験研究費が多額に発生する研究開発型の製造業の企業グループである場合
(作成日:2012年8月6日)

前のページにもどる