GENERALIST

あらゆる業種、あらゆるステージの企業に対して
企業法務を提供するプロフェッショナル

SPECIALIST

ベンチャー法務特有の知見を豊富に有する
ベンチャー法務のスペシャリスト

「ベンチャー」という業種があるわけではなく、顧客となる企業の業種や規模は様々。
一方で、ファンドの設立やM&Aなど、一般の企業法務とは異なる知識が必要となる場面が数多く存在します。
企業法務のジェネラリストであると同時に、ベンチャー法務のスペシャリストであるということがAZXの価値であり、AZXが提供する業務の特徴の一つです。

EXPERT IN VENTURE SUPPORT

ベンチャーに対する企業法務では、ベンチャーファイナンス(種類株式・投資契約)、ファンドの設立、IPO、M&Aなど、一般的な企業法務とは異なる専門的な知識が要求される場面が多々あります。
企業法務のジェネラリストであると同時に、ベンチャーのスペシャリストであるということがAZXの価値であり、AZXが提供する業務の特徴の一つとなっています。

ベンチャー企業支援ならではの法務

ファイナンス

一般的な中小企業が借入で資金を調達することが多いのに対し、ベンチャー企業の場合は株式や社債を発行して資金調達をすることが多く、専門性が高い分野となっています。AZXでは、資本政策についてのアドバイス、種類株式や新株予約権付社債の設計及び発行、投資家との間の投資契約や株主間契約の作成等、ベンチャーファイナンス全般をサポートしています。

ファンド

近年、ベンチャー企業に投資をするためにファンドを組成したいという依頼が多くなっています。AZXではこうした依頼を受けて、ベンチャー企業に投資する際のファンドのスキームの検討、組合契約の作成、ファンド組成の登記手続等の対応を行っています。また、ファンドを運営する際に必要となる金融商品取引法における登録や届出のサポートも行っています。

IPO

IPOにあたっては、社内の法務体制や、提供するサービスの適法性等について、より高度な水準が求められます。AZXでは、既に多くのクライアントがIPOを達成し、そのIPOの過程をサポートした実績があります。また、大手証券会社におけるIPO引受審査のサポートも行っているため、証券会社の視点も踏まえた、IPOに向けた的確なアドバイスを行うことが可能です。

M&A

ベンチャー企業のExit方法として、M&Aの存在感はますます高まっています。AZXでは、M&Aにあたっての法務及び会計のデュー・ディリジェンス、買収スキームの策定、金融商品取引法・独占禁止法等の手続の対応、契約書の作成等のサポートを行っています。検討事項として知財・労務関連事項が生じた際には、グループ内の弁理士、社労士等と協力して対応する場合もあります。

知財

ベンチャー企業にとって知財はとても重要です。AZXでは、グループ内の弁理士が中心となって、どういった商標や特許を取得すべきかという知的財産戦略のアドバイスから、実際の出願手続までの一連のサポートを提供しています。また、仮に知財に関する紛争が生じた場合には、弁護士が弁理士と協力して紛争解決にあたります。

その他の業務内容をみる

会計業界の最新動向オンラインセミナー
お申し込み受付中
AZX総合会計事務所 社員座談会
詳細はこちら ≫