【緊急告知】契約書自動作成サービス「契助-KEISUKE-」リリース!

投稿日:2013/11/22

keisukes

AZX弁護士の菅原です。

早速ですが、今日はAZXの新サービスを紹介させてください!

本日、AZX総合法律事務所は、契約書自動作成サービス「契助-KEISUKE-」を正式リリースいたしました。

ライセンス契約書代理店契約書のように日常的に利用する契約書から、ストックオプションの契約書会社設立手続の書類といった複雑なものまで、弁護士の手を借りず、簡単に、安価に作れるサービスが「契助-KEISUKE-です。

私たちはいつも、「この契約書作れますか?」という相談を受けます。もちろん作れるんですが、これを1から私たちが作ってしまうと、どうしてもある程度の金額となってしまい、金額的にスタートアップの皆様のお役に立てないケースがあることを、私たちはいつも心苦しく思っていました。

できるところは自分たちでやってもらって、本当に弁護士が必要な部分だけに限られた法務予算を使ってほしい。そんな想いから生まれたのが、「契助-KEISUKE-」です。

なお、契助-KEISUKE-のシステムの構築及び運用は、株式会社ベーシックさんにご協力いただいております。リリースに至るまで1年以上も根気強くご対応いただいたベーシックさんにとても感謝しています。

契助-KEISUKE-ってなに?

契助-KEISUKE-は、「速い」「安い」「安心」な契約書自動作成サービスです。作成した契約書は、Wordファイルでダウンロードできます。

「速い」

質問に答えていくだけなので、スピーディーに契約書が作成できます。

弁護士へ依頼しようとすると、アポを設定するだけで2~3日かかることも多いですが、契助-KEISUKE-なら、今すぐに契約書を作成が可能です!早朝でも深夜でも、オフィスでも喫茶店でも、思い立ったらいつでも作成可能です!

「安い」

契助-KEISUKE-では、Web上で契約書等を自動的に作成することができ、弁護士が稼働する必要がないため、AZXで弁護士が1から作成した場合の所定料金のわずか10分の1程度という、圧倒的な低価格の料金設定となっています。

NDAは無料で作成できるので、ぜひお試しください!

「安心」

ベースとなる契約書はAZXの弁護士が作成していますので、最新法令への対応もばっちりです。

ネットで拾った契約書サンプルが、最新の法令に準拠している保証はありません。これを大事な契約で使うのは、ちょっと怖いですよね?その点、契助-KEISUKE-なら安心です!

契助-KEISUKE-で作れるもの

契助-KEISUKE-では、以下の契約書を全て自動で作ることができます。スタートアップが使う基本的な契約書は全てそろっていますので、これを使えばスピーディーに契約を締結することも可能です!

  • 秘密保持契約書(NDA)
  • 利用規約
  • ライセンス契約書
  • 販売代理店契約書
  • システム開発契約書
  • 顧問契約書
  • 業務委託契約書
  • 雇用契約書
  • 株式譲渡契約書
  • 株式会社の設立手続
  • 新株発行
  • 新株予約権(ストックオプション)

※今後も要望にあわせて多様な契約書を提供していく予定です!

やっぱり弁護士にみてもらわないと不安・・・

ご安心ください!作成した契約書について質問があれば、電話相談オプションを利用していただければ、AZXの弁護士が具体的なアドバイスをいたします。

また、特殊な条項等を追加する必要がある場合には、まず契助-KEISUKE-を利用してベースを作成していただいて、それからAZXに修正をご依頼いただければ、1から私たちが作成するよりも大幅にコストカットが可能です。

簡単な契約書は契助-KEISUKE-を使って自分で作成、ちょっと複雑で1人で作るのが不安なものは契助-KEISUKE-で作成してからAZXに依頼でコストカット、これがオススメです!

具体的にはどんな感じ?

NDAは無料で作れるので、まずはこちらを使っていただければ雰囲気がわかるかと思うのですが、めんどくさい!という方のために、契助-KEISUKE-の雰囲気を、スタートアップのK株式会社を例に、ちょこっとだけご紹介します。

とあるスタートアップのお話

K株式会社は設立してからまだ2ヶ月。まだ資金調達もできておらず、法務にあてられる予算なんてほとんどありません。しかし、この度K株式会社の技術の利用を検討したいという優良企業が現れました。社長のK助さんは、早速交渉に入るため、NDAを結ぼうと考えます。

・・・しまった!うちにはNDAのひな型がない!

→急に契約書が必要になったら、まずは契助-KEISUKE-にアクセス!

blog-keisuke1

早速、「契約書を見る」で、どんな契約書が作れるのか見てみましょう。

STEP1 契約書を探す

blog-keisuke2

「契約書を見る」では、契助-KEISUKE-で作成できる契約書等の一覧を見ることができます。ライセンス契約書などは、「ライセンサー向け」「ライセンシー向け」などと分けられており、作成者の立場に応じて適切な条項が盛り込まれている点も魅力的!

K助「思ったよりいろんな契約書があるな・・・あった!秘密保持契約書!」

STEP2 詳細をチェック

blog-keisuke3

 

続いて詳細をチェック!利用シーンや作成上の留意点まで、細かくアドバイスが書いてあります。サンプルもここで見ることができます。

K助「ふむふむ、なんとなくイメージはつかめたぞ。「秘密情報の定義」や「複製の可否」が重要っと。よし、早速作ってみよう!」

STEP3 質問に回答する

blog-keisuke4

blog-keisuke5

あとは設問1から順番に質問に答えていくだけ!!契約書が完成したら、Wordファイルでダウンロードできます。

K助「これだけなら10分もあればできそう!午後の会議には契約書を持って行けるな!」 

たった3STEPで、契約書が作成できてしまいました。あっという間ですよね?

重要な契約書や特殊な内容を盛り込む契約書の場合には、契助-KEISUKE-で作成後にWord上で少しアレンジを加える必要がありますが、スタンダードな契約を締結するだけであればこの3STEPでおしまいです!

執筆者によるコメント

執筆者

AZX Professionals Group
AZX総合法律事務所
弁護士 菅原 稔

契助-KEISUKE-、いかがでしょうか。
ちょっとした契約書を作るときなどに、試してもらえれば嬉しいです。
まだまだわかりにくい点もあるかと思いますが、そんなときはこっそり教えていただければ改善しますので、積極的に使っていただいて、ご意見をいただければ幸いです。


投稿日:2013/11/22