お知らせ
news

石田弁護士と山下弁護士が執筆した記事が『税務弘報』に掲載されました

メディア 2024/06/07

石田弁護士と山下弁護士が執筆した「税務と法務に跨る取引書面」と題した記事が『税務弘報 2024年7月号』に掲載されました。

企業からの相談事項のうち、税務、法務双方が問題となる代表的なケースを取り上げ、弁護士が書面作成を含めた法的助言を行うにあたり重要となるポイント、税理士から弁護士に対し予め共有しておいた方がよい税務上のポイント等について解説しています。

発売日 2024年6月5日(水)
書籍名 税務弘報 2024年7月号
タイトル 税務と法務に跨る取引書面 効率的な進行のためには
詳細サイト https://www.biz-book.jp/isbn/602407
出版社

株式会社 中央経済社


石田 学 弁護士 PROFILE

奈良県生まれ。早稲田大学法学部卒業、神戸大学法学研究科修了。
株式会社日本貿易保険(NEXI)に組織内弁護士第1号として入社。NEXIから経済産業省に出向し、NEXIの組織法である貿易保険法の改正にも従事。
NEXI退社後、企業法務系法律事務所を経て、AZX総合法律事務所に参画。

メンバーページ:https://www.azx.co.jp/members/law/gaku_ishida

 

 

山下 真幸 弁護士 PROFILE

2019年弁護士登録。スタートアップ企業の立場から一般企業法務や金融規制に関するアドバイスを広く提供するほか、ファンド運営者の立場からCVCを含む多様な形態のファンドの組成・運用や個別投資案件等に関するリーガルアドバイスを提供。

メンバーページ:https://www.azx.co.jp/members/law/masayuki_yamashita