ベンチャーキャピタルと大手税理士法人での経験

最初に私の経歴からご紹介します。大学卒業後、まずは新卒でベンチャーキャピタルに入社しました。私は経理職に就いたのですが、「ベンチャー支援」に強い憧れを抱いたことから税理士を志して離職し、大手税理士法人を経験した後AZXに入所しました。大手税理士法人では「税務申告のみ」等スポットでの関与が多く、クライアントに寄り添いサポートするという関わり方ではありませんでした。常に多忙だったこともあり大手を離れ、現在AZXでは憧れだった「ベンチャー支援」「クライアントの顔が見える身近で寄り添って仕事をする」ということを叶えられています。

よりクライアントに近い立ち位置からサポート

AZXにおけるいちばんのやりがいは「クライアントとビジネスへの思いを共有しながら、親身になって働ける」ということです。前職の税理士法人ではクライアントが大企業で、主に経理部門の方とやりとりすることが多くありました。AZXでは起業家や経営者の方からビジネスへの思いや困りごとを聞いてサポートすることができ、その成長や変化に寄り添い、その時々で必要となる税務サポートを提供することができます。これは、ベンチャー支援に特化したAZXの特徴だと思います。

仕事と子育ての両立

子どもが生まれてからはフルタイムから時短勤務に切り替えましたが、担当クライアントを任せていただくという形のまま働くことができています。子どもがいると急なお休みや遅刻をしてしまうこともありますが、自身の裁量を任せてもらっているからこそ、在宅ワーク含めクライアントと直接調整し、周囲のスタッフの迷惑にならないよう工夫できています。一緒に働くメンバーも気さくで話しやすい人ばかりで、垣根が低く声をかけてもらえて、困ったことがあっても相談しやすい環境にもありがたいと感じています。

税務・法務・労務・特許の垣根を超えた多方面からトータルサポート

AZXには税理士だけでなく、弁護士、公認会計士、弁理士、社会保険労務士が所属しています。単独の会計事務所にはない、士業が協働してワンストップサービスを提供するプロフェッショナルファームとしてのAZXの利点をお話したいと思います。
例えばクライアントが再編等を行うときはもちろん、月次で取引の確認をしたり質問を受けたりする中で、会計・税務だけでは解決できないことや、会計・税務上は問題ないけれど会社法や労務面から確認しておいた方がよいことに気付くことが多くあります。そんな時に気軽に質問ができる専門家がすぐ近くにいることは、クライアントにとっても自分のキャリアにとっても大きな利点だと感じています。また、他の士業に対応を依頼すべき事案が生じたときにすぐに情報を共有することができ、その後の状況も共有・把握することができます。
このように、税務・法務・労務・特許の垣根を超えた多方面からクライアントをサポートできることはAZXの強みでもあり楽しみでもあり、他の会計事務所では得られないであろう経験を積むことができると感じています。自分自身も視野を広く持ち、知識の幅を広げることができる環境を求めていらっしゃる方には、AZXをお勧めしたいです。

サマークラーク参加者募集中
お申し込みは2020年6月5日まで