各種投資スキームの検討

ベンチャー企業への投資にあたっては、単純に新株の発行を受ける場合もありますが、ベンチャーキャピタルが投資を行う前提として、他の会社から事業を切り出してきて新会社を設立したり、社長が保有している特許を会社に帰属させるためのスキームを組んだり、株主を入れ替えるために既存株主の株式を移転するスキームを組んだり、社長の貸付金をデット・エクイティ・スワップにより株式に転換させたり、大量に発行されてしまっている新株予約権を整理したりすることがあり、投資にあたり、ベンチャーキャピタルとして投資に適する状況に整備するために、複雑なスキームを組むことがあります。これらのスキームについては、会社法、金融商品取引法等の各種法令を慎重にチェックして、その有効性と実行可能性を確認する必要があります。
AZXでは、多くのベンチャーファイナンスをサポートしてきた経験を踏まえ、各スキームの検討、スケジュールの策定、スキーム実行に必要な書類の作成、法務局との折衝、登記手続などの対応を行っております。また、グループ内に公認会計士及び税理士も所属しているため、税務会計面からサポートすることも可能です。

関連Q&A