AZXブログ

【消費税】基準期間において免税事業者であった者の課税売上高の判定

2014/11/07

当事業年度(当期)の消費税の納税義務の有無については、以下のように判定します。※

基準期間の課税売上高が1,000万円を超える場合…課税事業者

基準期間の課税売上高が1,000万円以下の場合…免税事業者

基準期間は、法人であれば、原則として2期前の事業年度になります。

基準期間が免税事業者であった場合には、その売上には消費税は含まれていないことになりますから、課税売上高は、そのまま基準期間の課税売上高になります。

※判定の結果、免税事業者になった場合においても、特定期間(原則として前事業年度開始の日以後6月の期間)の課税売上高及び特定期間に支払った給与等の金額が1,000万円を超えたときは、課税事業者に該当します。

●関係法令通達

消費税法第9条第1項

消費税法基本通達1-4-5

そのほかの執筆者
AZX Professionals Group
弁護士 パートナー
池田 宣大
Ikeda, Nobuhiro
AZX Professionals Group
弁護士 パートナー
石田 学
Ishida, Gaku
執筆者一覧