AZXブログ

【法人税】平成28年度税制改正-欠損金繰越控除の更なる見直し

2016/04/22

欠損金繰越控除の限度が以下のように見直されました。

 

[改正前]

所得の65%(平成28年4月1日以後に開始する事業年度)

所得の50%(平成29年4月1日以後に開始する事業年度)

 

[改正後]

所得の60%(平成28年4月1日以後に開始する事業年度)

所得の55%(平成29年4月1日以後に開始する事業年度)

所得の50%(平成30年4月1日以後に開始する事業年度)

なおこの制度は、資本金の額若しくは出資金の額が1億円超の大法人、資本金の額若しくは出資金の額が5億円以上の法人又は相互会社等の100%子法人等に適用されますが、法人の設立の日から同日以後7年を経過する日までの期間内の日の属する各事業年度については、適用されません。

すなわち設立後7年間は、資本金の額が1億円を超えることになっても、欠損金の繰越控除の制限を受けないことになります。

そのほかの執筆者
AZX Professionals Group
弁護士 パートナー
雨宮 美季
Amemiya, Miki
AZX Professionals Group
弁護士 パートナー
高田 陽介
Takata, Yosuke
執筆者一覧