労基署対応

ベンチャー・スタートアップの方へ

労働基準監督官は法律に基づき事業所に立ち入り調査(臨検)をすることがあります。臨検は労働法令違反の発見とその違反事項の是正を目的に行われます。

臨検には、主に定期的に行われるものと労働者からの申告によって行われるものがありますが、最近は労働者からの申告により臨検が行われるケースが多くなっています。
臨検では労働基準監督官から指定された労働関係に関する書類(労働者名簿、賃金台帳、労働時間を管理する書類、各種労使協定など)等について調査を受け、法違反がある場合は是正勧告書、法違反ではないが改善を図らせる必要がある事項については指導票が交付されます。是正勧告書又は指導票が交付されれば、事業主はその内容に沿った是正・改善措置を講ずることが求められます。


AZXではクライアントの皆様のご要望に応じて、臨検前の書類確認、臨検当日の立会い、指摘された違反・指導内容を踏まえた是正・改善方法のアドバイスをいたします。

関連するナレッジ

役立つサービス

活動される皆さまのために「雛型」を公開しております。また、AZX総合法律事務所が運営する契約書自動作成システム『KEISUKE』にて、契約書を自動作成(有料)することもできますので、是非ご利用下さい。